相続に必要な3つの対策

相続対策には3つの大きな柱があります。

1.相続税対策(節税対策)

様々な方面から生前に対策を行っていくことで、相続税を最小限に抑えることができます。節税対策は早ければ早いほど、財産をたくさん遺すことが可能です。

2.円満相続対策

相続が発生したときに家族間で争いが起きないよう、事前に家族間で話し合ったり、遺言を用意しておくなど、こちらも早めの対策が有効です。

3.納税資金対策

きちんと納税できる資金を用意しておけば、不動産の売却などをせずに済みます。

これら3つの対策を、相続のプロフェッショナルにお任せください。

早めに備えることのメリット

相続に備えて

最初に

  • 御自身の財産、債務をリストアップします。
  • その財産、債務を誰に引き継がせるのかを
    決めます。

ここから私たちの出番です。

  • この段階で相続税額の試算をします。
  • 次に贈与、保険への加入、資産の組み換え、特例の適用など様々な対策を検討します。
  • 対策後の相続税額を試算し納税資金が十分か確認します。
  • 対策を実行して、遺言書を作成します。

準備が早ければ早いほど、納税額を低く抑えることができます。長い期間をかけて余裕を持って行うことで、お持ちの財産をできるだけ多く、次の代へと受け継ぐことができます。納税額を抑えるために必要となってくるご提案やスケジューリングを私たちにお任せください。

TAO相続支援センター 0466-25-6008 〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-1-15藤沢リラビル4F

まずはご相談ください 0466-25-6008 BLOG 相続にまつわる情報
相続についてよくある質問 セミナー相談会
TAO税理士法人 オフィシャルサイト 株式会社湘南財団 コンサルタンツ(SPC)
facebook

相続税試算

相続 特集