2015.02.20更新

例えば、父が子名義で毎年預金していてもその預金の存在を子が知らない場合、受贈者による受贈の意思表示がないことから贈与は成立していないと考えられ、何年経過していても民法上の贈与が行われていない以上税務上の時効は成立しないことになります。

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

TAO相続支援センター 0466-52-7531 〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-1-15藤沢リラビル4F

まずはご相談ください 0466-52-7531 BLOG 相続にまつわる情報
相続についてよくある質問 セミナー相談会
TAO税理士法人 オフィシャルサイト 株式会社湘南財団 コンサルタンツ(SPC)
facebook

相続税試算

特集