2014.07.14更新

生前贈与をしたほうが良いかどうかの判断を行うにあたっては、資産の内容や、家族構成、承継問題等々、事前に検討すべき事柄がたくさんあります。

生前贈与の種類は以下の5つです。
① 年間110万円が非課税扱いとされる暦年贈与
② 夫婦間での自宅不動産の贈与(おしどり贈与)
③ 住宅購入資金等の贈与
④ 教育資金の一括贈与
⑤ 相続時精算課税制度

この5つのうち、最も実施しやすいものは、①の暦年贈与です。
暦年贈与は長期間行うことで財産移転の効果が発揮されます。相続財産を減らすためには、出来るだけ早くから生前贈与を始めたほうが良いでしょう。
ここで注意していただきたいことは、財産をもらった人がご自身で財産の管理をすることです。贈与をしたつもりでも、贈与した人が財産の管理をしていては、名義預金となり相続財産に取り込まれてしまう可能性があります。

TAO相続支援センター 0466-52-7531 〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-1-15藤沢リラビル4F

まずはご相談ください 0466-52-7531 BLOG 相続にまつわる情報
相続についてよくある質問 セミナー相談会
TAO税理士法人 オフィシャルサイト 株式会社湘南財団 コンサルタンツ(SPC)
facebook

相続税試算

特集