2014.07.14更新

財産構成は人によってそれぞれです。
このため、下記のような節税対策を組み合わせて、その人にあった節税対策を行うことが重要です。

① 相続財産の評価額を引き下げる
・預金を生命保険へ組み換えることで生命保険の非課税枠を活用する。
・更地に賃貸アパートを建築するなどして、土地の利用方法を変更する。
・小規模宅地等の特例を適用するための要件を確認する。

② 相続財産を少なくする(生前贈与)
・年間110万円の贈与税非課税枠を使い、子や孫に贈与する。
・住宅資金の贈与の非課税枠を活用する。
・夫婦間で自宅不動産を贈与する(おしどり贈与)。
・教育資金の一括贈与を行う。

生前の対策は、これにとどまりません。私共専門家にご相談ください。

2014.07.14更新

以下の表は、相続税額早見表です。
ご自身の遺産総額と法定相続人を確認して、ご参照ください。

改正前:平成26年12月31日以前の相続発生分    
改正後:平成27年1月1日以後の相続発生分

●相続人が配偶者と子の場合
相続人が配偶者と子の場合
>>表をクリックすると別ウィンドウで大きくなります

※ 遺産(課税価格の合計額)とは、「相続財産等ー債務・葬式費用等」(基礎控除前)の金額です。 
※ 万円未満四捨五入      
※ 配偶者が遺産(課税価格の合計額)の法定相続分(2分の1)を取得し、配偶者の税額軽減特例を適用して計算しています。


●相続人が子のみである場合
相続人が子のみである場合
>>表をクリックすると別ウィンドウで大きくなります

※ 遺産(課税価格の合計額)とは、「相続財産等ー債務・葬式費用等」(基礎控除前)の金額です。
※ 万円未満四捨五入

2014.07.14更新

相続税の申告が必要か否か判断するには、まず、ご自身の財産・債務をリストアップします。財産の総額が基礎控除を超えると申告が必要になります。

■基礎控除とは■
相続税の申告が必要になるかどうかのボーダーライン

3,000万円+600万円×法定相続人の数


*法定相続人とは
配偶者および子(子がいない場合両親、さらに両親も亡くなっている場合には兄弟姉妹)
ただし、子または兄弟姉妹がすでに死亡している場合には、子または兄弟姉妹の子が代わりに相続人となる。

2014.06.26更新

こちらにて相続についてよくある質問を更新します。
よろしくお願いします。

前へ

TAO相続支援センター 0466-52-7531 〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-1-15藤沢リラビル4F

まずはご相談ください 0466-52-7531 BLOG 相続にまつわる情報
相続についてよくある質問 セミナー相談会
TAO税理士法人 オフィシャルサイト 株式会社湘南財団 コンサルタンツ(SPC)
facebook

相続税試算

特集