2017.11.28更新

今、解決できることは、あとにのばさずにやっておきましょう

1.亡くなる数年前から、現金の引き出しをしても、かえって税務署に疑われるだけです

亡くなる前の大きな金額の出金は、特に税務調査のターゲットになりやすいのです。国税庁の発表では税務調査による現預金の隠匿が最も多いという結果が出ています。使途や化体財産を明確にしておきましょう。

2.不動産の登記名義人が変更されていないものは真正な名義人に変更しましょう

いざという時にすぐに売却できません。放置しておくと相続の度に世代が変わり、どんどん相続人が増えて登記に大変手間がかかってしまいます。

3.できるだけ確定測量を生前にしておきましょう

測量するためには隣地の人の協力を要します。隣地の方とのトラブル防止や、確定測量をしておけばいつでも売却できるという観点からもやっておきたいものです(特に残地等)。

2017.11.24更新

今、解決できることは先に延ばさずやっておきましょう。

1.預金口座、証券口座はできるだけまとめておく

使っていない口座、必要性のない口座は解約しておきましょう。相続が発生すると口座の解約には相続人全員の書類提出が必要となります。

2.財産の内容について常日頃から相続人に明確にしておく

どこに預金口座があるかわからないため、調べるのに苦労される方が意外に多いのです。また、常日頃から話し合っておけば相続の時揉めることが少なくなります。

3.100万円以上の入出金については、通帳にメモ書きしておく

調べる手間が省略できます。税務調査があってもきっちり回答できます。

 

TAO相続支援センター 0466-52-7531 〒251-0025 神奈川県藤沢市鵠沼石上1-1-15藤沢リラビル4F

まずはご相談ください 0466-52-7531 BLOG 相続にまつわる情報
相続についてよくある質問 セミナー相談会
TAO税理士法人 オフィシャルサイト 株式会社湘南財団 コンサルタンツ(SPC)
facebook

相続税試算

特集